ヴィクトリアのビジネストレーニング

相続税相談に不安のある人に適した税理士です

相続税は大きな額のお金を扱うことになるだけに、専門家に相談することを第一に考える必要があります。しかし、専門家への相談を決めたら決めたで、いろいろと不安が出てくることもあるのではないでしょうか。たとえば大手の事務所は誰が対応するか分らなくて頼みづらいということもあると思います。大手は大手という安心感こそありますが、実際にサービスを細かく見てみると、内容が不透明であることも珍しくありませんからね。

そのような不安があって困っている人の場合、「土屋会計事務所」に相談するのがいいと思います。こちらの事務所は大手事務所出身の税理士が在籍している上に、顔が見えるサービスを提供しています。つまり、大手と同じ知識や経験を持つ専門家に相談できるというわけです。しかも誰が対応するかが写真でわかっているので、不安要素が少なくて済みます。

もう一つ、相続税相談で不安なことに料金内容があります。どのサービスにどれくらいお金がかかるのか、また追加料金は発生しうるのかといったことはあらかじめ知っておきたいものです。しかし、料金内容を詳しく出していない事務所のホームページも意外に多くあります。その点、上記の事務所ならば、明朗会計で想定外の請求は行われません。

【中古複合機】型落ちの値段と購入方法

中古複合機を購入する時には、どこまで妥協できるかによって製品の値段もだいぶ変わります。例えば5年型落ちの製品でも、きちんと使えるのであれば問題ないと思っているなら、国内大手メーカーのオフィス向け製品も5万円から10万円で購入可能です。

もしも5年はちょっと・・・と3年型落ちの製品を選ぶとなれば、その値段は10万円から15万円前後高くなります。ちなみに1年型落ちタイプなら25万円から30万円と値段も跳ね上がります。もちろん機能性も重要視したいというのであれば、1年や3年型落ちから製品を選ぶと良いかもしれませんね。

初めて複合機をオフィスに導入する予定ならば、最初から胸元あたりまである大型の複合機を購入する必要はないかもしれません。最初は家庭用で使うプリンタと同じ程度の大きさの、オフィス向け製品から選択するのも1つの手です。スモールタイプは更に値段が安いですので、「使わなくなった時」にも諦めがつきやすいといったメリットがあります。20万円・30万円もお金を払ってから、やっぱりコピー機能しか使わなかったではお金も勿体ないですからね。

もちろん中古製品だけでなくリースについても検討し、有利なアイテムから職場で使う複合機を選びましょう。